阿含の星まつり2024 祈願、供養の祭典!見どころやアクセス情報

イベント

今回は、京都県京都市で毎年行われている伝統的な迫力ある縁起の良い祭りを紹介致します。混雑も見込まれるので、交通機関や駐車場情報も詳しくお伝えします。

阿含の星まつりとは?

「阿含(あごん)の星まつり」とは、2月11日(日)に、京都市山科区北花山の阿含宗総本殿境内地で行われる炎の祭典です。

神仏両界大紫燈護摩供(しんぶつりょうかいだいさいとうごまく)として大規模な護摩法要です。

※神仏両界大紫燈護摩供とは、祈願成就の神界壇と先祖供養の仏界壇を築いて護摩木をお焚き上げします。

この「星まつり」の星は、夜空の「星」ではなく、人の持つ「運命の星」を意味しているそうです。

密教最高の秘法とされている「密教占術法」というもので、運命を見極めたり、悪い運命を良くしたり、良い流れの勢いをつける為の開運法で、その中に護摩を焚いて「運命の星」の供養をするというものがあります。

※密教とは、古代インドで生まれた宗派で、唐に渡り、日本には遣唐使として唐にいた空海(真言宗)と最澄(天台宗)により伝えられた。

このおまつりは、阿含修験ならではの神様と仏様をおまつりしての秘法で祈祷するものです。

先祖供養をすることで、速やかに願いが成就するともいわれますよね!

とても、パワーがあるお祈りしてくださること間違いなしです!

あと、仏さまのの智慧の火で、煩悩を焼き尽くして浄化をする意味もあるそうです。

私達が、行うことは護摩木に願いごとや先祖の成仏を祈る言葉を記入して、護摩檀に添えてもらい、お焚き上げをしていただきます。

参加者コメントと護摩木の書き方

《護摩木祈願でトラブル解消!!》

私は普段から護摩木を書いて、日頃の感謝と万事円満順調を祈願してさせていただいて おりますが、仕事で起きたトラブルがあり対応に追われておりました。 手元にあった護摩木にトラブルの解決順調とその仕事に関わってる方たちの先祖供養の 護摩木を書かせていただきました。するとその日のうちにトラブルが落ち着き、現在は 快方に向かっております。改めて護摩木のお力はすごいものだと改めて感じました。

《護摩木の書き方》

こちら↓を参考にして下さい。

引用:https://agonlive.net

防ぎようのない自然災害から身を守る為や、病気、トラブルの改善、願い事の成就など、神様や仏様にすがる思いの方も多いのではないかと思います。

参加者の方々は、会場に行くと空気が変わるのがわかる。すごいパワーがあるを感じるとコメントされていました。

今年の参拝者は多くなるかもしれませんね!

見どころ

難しい言葉が多いので、説明しながらお伝えしていきます!

阿含宗とは

まず阿含宗(あごんしゅう)とは、ゴータマ•ブッダ(釈迦)が直説された「阿含経」をよりどころにする仏教の一宗派です。

桐山靖雄大僧正によって1978年(昭和53年)の4月8日に立宗されました。

桐山靖雄大僧正

引用:https://www.agon.org

桐山靖雄大僧正は、大乗仏教「般若経(はんにゃきょう)、法華経(ほっけきょう)、阿弥陀経(あみだきょう)と色々ある。」の経典である「観音経(かんのんきょう)」をよりどころとしていましたが、お釈迦さまが説かれたはずの因縁解脱方(成仏法)を探求すると大乗経典にはそれがいことを知りました。小乗の経典と卑しめられていた「阿含経」こそが直説された経典であること「阿含経」だけに成仏法が説いてあることを知ったこで「阿含宗」を立宗されました。

その阿含宗により執り行われるまつりが、「阿含の星まつり」です。

神仏両界護摩檀

すごい勢いで、炎と煙が立ち上ります。

今年の干支は龍ですよね!高く高く昇る!というのはすごく良い言葉として敏感に反応しちゃいますね。

煩悩を焼き尽くして、消してくれる!そして、速やかな祈願成就へ導いてくれる!

これだけの、勢いでお焚き上げをしていただけると気持ちもスッキリします。

それから、護摩で拝むのは「不動明王」です。

不動明王

引用:https://happytimes.wpx.jp

密教の尊格の一尊で、大日如来の化身と言われています。大きく見開いた右目は天を、左目は地をみています(天地眼)。

右手に持った倶利伽羅剣(くりからけん)でよこしまな心や迷いを断ち切る意味があり、左手の羂索(けんさく=縄)は煩悩を縛り上げ煩悩の中で迷う人を引き上げるという意味があるそうです!

迫力があり、怖い顔をしているのは、仏教の教えに背く人を導くため。

要らないものを排除しなければ、新しいものも入ってきにくいですよね。

参拝すると、必ず不動明王様がお力を貸してくれるはずです。

幸運を呼ぶ6つのパワースポット

  • 神仏両界護摩檀•大曼荼羅(結界)
  • 恵比寿大黒天神社(恵比寿大黒天広場)財運如意
  • ブータン仏教法要堂(ブータン広場)息災長寿
  • 素戔嗚(すさのお)神社•京都大仏(総本殿前広場)家運繁栄
  • 総本殿内特別拝観(阿含宗総本殿 釈迦山大菩提寺)諸願成就•吉運招来
  • 世界平和記念仏舎利塔•エルサレムの獅子(阿含宗エルサレム平和友好広場)世界平和

  引用:https://www.agon.org

パワースポット巡りも楽しみの一つ。

神聖な場所でパワーをたくさん感じてみてはいかがでしょうか?

気持ちが軽くなり、前向きになれますよ!

※車椅子が必要な方は貸出も行っています。貸出場所は会場案内所(ブータン広場、恵比寿大黒天広場)交通詰所(東山ドライブウェイ交通本部、北口参道)

日程と場所

まつり名 阿含の星まつり
日程 2024年(令和6年)2月11日(日)9:30〜15:30予定
場所 阿含宗総本殿境内地
住所 京都府京都市山科北花山大峰
MAP
主催 阿含宗関西総本部
問い合わせ先 075-167-1141

8:30〜護摩木の預かりが始まります。

9:20〜結界桟敷(参拝者が集まり始めます。)

9:30〜山伏行列が始まり、御神事、山伏問答、法要場所を清める作法の披露、願文(法要の趣旨を神仏に告げる)の神事が行われます。

10:45〜点火 護摩檀に聖火がうつされます。

アクセスと駐車場情報

まず、まつり会場には駐車場がございません。例年50万人ほど参拝者が訪れるので混雑を回避する為に事前に計画が必要ですね。

アクセス

《シャトルバス》

京都駅八条口(アバンティ側)より運行。8:30〜14:30 星まつり会場10:00〜16:00 有料300円

※8:00〜17:00東山ドライブウェイが五条から三条方面への一方通行のなる予定

《路線バス》

「四条河原町」「五条京阪」バス停より京阪バスに乗って「上花山花ノ岡町」バス停下車

《車》

京都駅まで鴨川西ICより約7分

駐車場(京都駅周辺)

シャトルバスが出る、京都駅近くの大型駐車場を紹介致します。

京都駅ビル(西)駐車場 台数 1090台
住所 京都市下京区鳥丸通塩小路下る東塩小路町
MAP
料金 平日3,000円/日(最大)

土、日

6:00〜0:00 60分800円、以降30分400円

京都駅八条口駐車場 208台
住所 京都市南区九条西山町31
MAP
料金 平日3,000円/日(最大)

土、日

9:00〜21:00 30分250円

京都駅ビル(東)駐車場 90台
住所 京都市鳥丸通塩小路下る東塩小路町
MAP
料金 平日3,000円/日(最大)

土、日

6:00〜0:00 60分800円

パラカ京都駅前第1 40台
住所 京都市下京区東洞院通七条下る東塩小路町550番1
MAP
料金 平日3,200円(最大)

土、日3,200円

8:00〜22:00 20分300円

この周辺地域は観光客や、おまつりなどが多い為、駐車場は意外と沢山あります。

ホテル情報

遠方から来る方も多いと思います!

速やかに予約ができるよう、いくつか紹介します。

アパホテル(京都駅堀川通) 5,103円〜(トリバゴ)
写真
住所 下京区油小路通塩小路西油小路町1番地
MAP
TEL 0570-076-111
Sakura Terrace The Gallery(サクラテラス ザ ギャラリー) 6,475円〜(トリバゴ)
写真
住所 南区東九条上殿田町39番
MAP
TEL 075-672-0002
アルモント ホテル京都 6,118円(トリバゴ)
写真
住所 南区東九条西岩本町26-1
MAP
TEL 075-681-2301
ホテル エミオン 京都 9,585円〜(トリバゴ)
写真
住所 下京区朱雀堂ノ口町20番4
MAP
TEL 075-323-2727

こちら↓より(トリバゴ予約)

引用:https://www.trivago.jp

まとめ

2024年の「阿含の星まつり」のご紹介をしました。今年は例年より参拝者が増える予想です。

例年50万人程の参拝者が来場しますので、早めの計画、予約が必要だと思います。

情報がお役に立てれば幸いです♡

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました